健康・病気についてのこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

過敏性腸症候群の症状
2013/02/02 15:51

過敏性腸症候群の腹痛の性状は、発作的に起こる疝痛や、持続性の鈍痛のいずれかで起こります。
感染性腸炎のあとに過敏性腸症候群が発症することが一部では明らかにされていて、免疫異常が関わっている可能性もよく指摘されています。
基本的な過敏性腸症候群の症状は、便通の異常で、それぞれの症状により、不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分類されます。
そして、ストレスは、過敏性腸症候群と大きく関係していて、確実に症状を悪化させると言われています。
一般的に、過敏性腸症候群になって下痢が続くと、栄養分も出てしまうので、結果的に栄養不足で痩せてしまうことがあります。
しかし、なぜ過敏性腸症候群で、そうした症状が現れるのかは、まだよくわかってはいません。
過敏性腸症候群の症状には、下痢、便秘、そして下痢と便秘が交互に訪れる混合タイプがあります。
一般的に過敏性腸症候群の症状は、腹痛、腹部不快感、便通異常が多く、ほとんどの症状は腹部に起因しています。
この過敏性腸症候群の症状が重症になってくると、突然激しい痛みと共に便意をコントロールできなくなります。
食事によって過敏性腸症候群の症状が誘発されることも多く、その特徴は、睡眠中は症状がないことです。

カテゴリ:健康・病気

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ