健康・病気についてのこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

過敏性腸症候群の治療法
2013/02/03 16:04

そして、食事療法と併せて過敏性腸症候群の治療は、運動も取り入れるとよいとされています。過敏性腸症候群は、精神的ストレスや、生活の乱れでよく引き起こされる病ですが、原因が特定しにくいので、非常にやっかいです。
そして、医療機関に頼らずに過敏性腸症候群を治療する方法としては、自律訓練法があります。
原因によって過敏性腸症候群の治療は変わってくるので、そのためには、問診が大事になってきます。
主として過敏性腸症候群の原因は、ストレスが一番大きいと言われているので、治療としては、ストレスの改善、除去が必須です。
基本的に、過敏性腸症候群の治療と言えば、食事療法、薬物による療法の2種類に分かれます。
食事療法による過敏性腸症候群の治療においては、便秘タイプの場合、食物繊維を積極的に取っていきます。
下痢を主症状とする過敏性腸症候群の食事療法における治療では、香辛料やお酒などの刺激物を控えることが大事です。
まず、過敏性腸症候群の症状を改善するためには、その要因を根本的に解消しなければなりません。
しかし過敏性腸症候群の症状として出る、下痢や便秘、その他不快な症状を緩和する効果はあるので、どうしても薬中心の治療がメインになります。

カテゴリ:健康・病気

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog