健康・病気についてのこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

過敏性腸症候群に適した食事
2013/02/05 16:21

過敏性腸症候群の人は、普通の人より、食事に対してかなり気をつけなければなりません。
カフェインは過敏性腸症候群の人にはよくないのはもちろんですが、自律神経系の病気の人も避けるべきです。
カフェインは交感神経の働きを強める作用があり、不安感が生じたり、夜眠れなくなったりするので、過敏性腸症候群の人にはよくないのです。
お腹を冷やさないようにすることが過敏性腸症候群の人は大事で、お腹を冷やすと、下痢や腹痛が激しくなります。

過敏性腸症候群の人は、温かい食事が好ましいのですが、あまり熱すぎると腸を刺激するので、要注意です。
下痢の原因になるので、下痢の症状がある過敏性腸症候群の人は、特に控えなければなりません。
逆に、過敏性腸症候群の人は、お腹を温めると症状が軽くなるので、温かい飲食の食事でお腹を温めてやることです。
カフェインは腸を刺激するので、過敏性腸症候群の人にとっては良くなく、できるだけ避けた方が無難です。
辛いものは腸を刺激するので、過敏性腸症候群の人は避けなければならず、例えば、わさび、からし、キムチ、カレーなどです。
牛乳、チーズなども過敏性腸症候群の人にはよくなく、それが下痢やガスの原因になります。

カテゴリ:健康・病気

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog