健康・病気についてのこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

過敏性腸症候群とストレス
2013/02/08 16:51

スポーツや趣味などでストレスを発散して上手くコントロールしていくことも、過敏性腸症候群では大切です。

過敏性腸症候群を治療する時は、薬だけに頼らず、規則正しい生活を送らなければなりません。
会社のストレスで過敏性腸症候群になっている人は、週末には腹痛が止まり、便秘や下痢もよくなる傾向にあります。
内臓と神経はつながっていて、内臓の働きは自律神経で支配されているので、過敏性腸症候群はストレスと密接に結びついているのです。
そして、たまに、過敏性腸症候群で、全身症状が出て、不眠や不安感などの精神症状が出ることもあるので注意が必要です。
ストレスと密接な関係にあるのが過敏性腸症候群で、実際、ストレスとはかなり深い関係にあります。
ストレスが原因で起こる過敏性腸症候群は、様々な症状を引き出すことになり、ストレスを解消しないと、改善されません。
こうした過敏性腸症候群の症状は、一般的にはストレスがなくなると軽くなるという特徴があります。
ストレスをコントロールすることが過敏性腸症候群では大事で、そのためには趣味に熱中したり、スポーツで疲労を得て、良質の睡眠をとることです。
ストレス社会により、過敏性腸症候群が最近、急増しているので、日々、ストレス解消のための工夫をしていかなくてはなりません。

カテゴリ:健康・病気

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog