健康・病気についてのこだわり情報


記事の内容

前へ | 次へ

便秘型過敏性腸症候群
2013/02/09 17:01

過敏性腸症候群というのは、非常に面倒な病であり、大腸の運動と分泌機能の異常から起こるからです。
なぜなら、蠕動運動を促すからで、そうした食事は、過敏性腸症候群の便秘型の人は、極力避けなければなりません。
よくあるのが、過敏性腸症候群の便秘型で、その特徴は腹痛があり、便意があっても中々便が出ません。
そのことから、過敏性腸症候群は、大腸の機能異常によって起こる病気として、定義づけられたのです。
以前は、過敏性大腸症候群と言われていたのですが、小腸も関与していることがわかったので、過敏性腸症候群に改められました。
便秘には食物繊維がよいとよく言われますが、過敏性腸症候群の便秘型の人には、不溶性の食物繊維はダメです。

過敏性腸症候群の便秘型の人は、日頃から食事には十分に気をつけていかなくてはなりません。
これまでは、過敏性腸症候群の原因は慢性大腸炎によるものと言われていたのですが、実際には大腸には炎症がありません。
便秘型の過敏性腸症候群になると、一般的な便秘と違い、ストレスなどの原因によるけいれん性の便秘になります。
一般的に、過敏性腸症候群の症状には、下痢を伴うもの、便秘を伴うもの、そしてこれらの両方が混在するものがあります。

カテゴリ:健康・病気

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog